青汁はタームを気にせず呑むことができるのがうれしい

身の回り、入り用や所帯、その他のためふとしたストレスが溜まってしまうことがあります。

負荷の原因を作らないようにしていくことが大切です。
それと共に溜まって負荷を早めに解消して行くことが、心身の健康にも繋がります。

自分はそのような時、青汁を飲み込むようにしています。
青汁はがんらい野菜不足を解消して、血の流れを良くして、血流を良くすることが目当てだったのですが、それ以上に気晴らしに効果があると実感しています。

以前はストレスが溜まるって、母乳ティーを飲んでいました。
やはり母乳ティーは好きですし、今も飲みますが、サッカリドが気になりますし、利尿作用もあります。

青汁は母乳ティーに比べると、カロリーが少ないですし、サッカリドもほとんどありません。
気晴らしには青汁を呑み、カフェイン効果で頭をスッキリさせたい時は母乳ティーを飲み込むようにしています。

カフェイン入りのジュースは飲み込む瞬間が限られてくる。
但し、青汁はタームを気にせず呑むことができるのがうれしいです。

そのため、最近は就寝前に呑むこともあります。
夕飯の後片付けをし、一段落ついたら、お茶がわりとして青汁を飲んで一服している。

一年中の消耗がそこでリセットされて、青汁を飲んでリフレッシュができ、その後の自分のタームを楽しめるようになるようです。

最もボディーがやばい時は、必ず心情にボディが付いていかないことが多く、それが負荷になってしまうようです。
ストレスを溜めても良いことは仲間もありません。

それならば、早めに負荷を解消して、気分の有難いタームを数多く過ごしたほうが、結局は得なことが多いようです。
単なるクセですが、なるたけストレスを溜めないようにすることは大切だと思っています。

負荷を感じてしまうのは仕方がないことですが、自分なりの方法でそれを早く改善する術を考えることが、現役を維持していくキーポイントかもしれません。xn--ldk2a6be.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です