TVの何かのテレビ局の中で

スクワットは、年齢や行動欠乏などで下落がちな、下半身の筋肉を効率良く鍛えられ、他の有酸素運動の中でも、気象などに影響を受けやすいランニングなどと違って、家の中でも見込める事でも人気があるものですが、実に行うと相当激しい行動で、困難をすれば膝や腰に不安がある実態などは、痛めて仕舞う可能性もありますし、逆に無理をしない様に自分勝手をめぐっていたら、期待するほどの効果が得られない事も考えられます。

私も以前にとにかくチャレンジしたものの、昔痛めた膝や腰に気苦労を捉え、10回位が遂にで只最初ウィークも続かずに棄権してしまいました。

それが本年になって、TVの何かのテレビ局の中で、従来のスクワットを、ラクラク負担なく試せるという事で両上肢を程に振るリアクションを通じて行なうツボが紹介されていました。
その時実に試してみて、正に有益だったのでこれなら私でも続けられると思い、その後も棄権することなく続け、実に今も朝夕する。

その方法が、先ず両足を肩幅位に開いて、方法を甘く結んです両上肢を乳の高さ位に前に延ばします。そうして鼻で息を吸いながら、両上肢を後方へ振るのと同時に膝を曲げ、そして口で息を吐きながら、両上肢を前に振り戻しながら膝を伸ばします。これが1合体だ。これを1日に数回、10~20合体ずつ行います。
驚く程ラクラク出来て、それでいて10回以上行うと、従来のスクワットと変わらない程に効果が高いのが把握出来ると思います。

日に複数回行うことを勧めてあり、それによって従来のスクワット同様に働きが期待出来るそうです。
上肢を程に振るリアクションで行えるので、膝や腰への気苦労も概ねありません。
リズミカルに行えるのでついにでも、10~20合体位はすいすいこなせます。

下半身の筋肉を強めることにより、新陳代謝動作も向上しシェイプアップ働きも期待出来ますし、免疫を上げ健康寿命を引き延ばすことも期待出来ます。

私の様にスクワットを試して挫折した自分にも、逆に長時間続けていて、近頃厳しいなあと感じている自分にも正邪一度試して頂きたいツボだ。利尿剤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です