どうして洗えばいいかというと

母親なら誰もが美肌になりたいですよね。美肌を保つためには日頃のスキンケアが重要になります。
今回はその日頃のスキンケアに関しまして、書き手も気を付けている場所を3つご紹介します。

①「方法」ではなく「泡」で洗う
シャンプーを行う状態、シャンプー外見を泡立てて、手で外見をすすぎますよね。
その時表皮の汚れを落とす為にゴシゴシと硬い力で洗っている方もいると思いますが、これは禁物!
方法の外圧が扇動になり、たるみの原因になってしまう。

じゃあどうして洗えばいいかというと、シャンプー外見をブクブクに泡立て、直接的方法が表皮に触れないよう、「泡」でやさしく洗い流します。
これでは不浄が取れないんじゃない?って音声が聞こえてきそうですが、安心してください。十分に不浄が落ちますよ!
最後に泡を洗い流すときも方法に外圧をかけず、やさしく泡を流しましょう。

②メーキャップ水は、惜しみなくジャバジャバ扱う
自身メーキャップ水はどのくらいの容量を使って保湿していますか?
メーキャップ水の反比例のレクチャーに「500円玉程度の容量」といった書いてある存在もありますが、これでは少なすぎ!
中にはおっきいメーキャップ水を使っていて、勿体ないから…というチビチビ並べる方もいると思いますが、では十分に保湿出来ず、せっかくの高原材料も効力が薄れてしまう。

表皮の潤いを保つには、十分な保湿が大切です。思い切ってメーキャップ水を仰山とって、表皮に潤いを与えてあげましょう。
薬局などで見掛ける大音量のメーキャップ水なら、惜しみなくジャバジャバって使えるのでオススメです。

③メーキャップはその日のうちに必ずや減らす
こういう広告はよく聞くし、基本中の基本とも言えますが、打ち上げの事後や残業の疲れ等で、メーキャップ減らすのが面倒臭くて単に寝てしまった経験がある人は多いと思います。
どうしてもメーキャップを落とさず寝てしまうと、染みやくすみ、シミ等の肌荒れの原因となってしまう。寝て仕舞う前に、その日の最後の気力を頑張って奮い起こしてメーキャップをなくしましょう!(笑)

以外、スキンケアで気を付けておきたい場所3選でした。
闇金相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です